築古物件を自力でリフォーム!不動産投資に活かすためかなテクで室内施工を学びました!

職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる!

給水配管2日目。トーチランプで塩ビ管曲げ&銅管をはんだ付け。

更新日:

DIY 336 記事上

スポンサーリンク

昨日の塩ビ管のミスをひきずったまま、今日も配管の続き。

トーチランプの使い方

p1010298

今回使うトーチランプはレッキス工業製の「トーチ・アン・ガス」可燃性ガスを使ったものです。ボンベについている黄色いキャップを外し、バーナー部分をボンベに取り付けて使います。注意点は

・持ったまま、親指でつまみをくるくる回して火を消す。消えたのを確認してから置く。

・休憩のときはボンベとバーナー(トーチ)部分を分離する。

・軍手をつけずに素手で使用する。

・作業終了後は、1時間は待って現場に火が出ないか確認する。

 

トーチランプを使って塩ビ管を曲げる

準備する

合板の上に正しく現図をかく。(から曲げ半径は、管外径の3~4倍以上)

 

切断する

曲がり部長さを直観部長さを測り、必要長さにマークする。塩ビ管用のこで必要長さを、菅軸に対して直角に切断する。

 

管を加熱する

トーチランプを片手に持ち、前後左右に細かく動かしながら、一方の手で管を回し、炎を管に直接当てず、関節に加熱する。トーチランプの動きに合わせ、管を回転させる。110~140℃に加熱し、焼け焦げを作らないようにする。(210℃異常になると焦げる)曲がり部よりやや幅広く、局部的な加熱を避け、平均に軟らかくする。

 

曲げる

現図に合わせ、両手で静かにたわませる。現図の角度よりやや曲げ超す。

 

楕円を修正する

片方の直管部を踏み押さえて、軟らかいうちに修正する。曲がり部断面形状がだ円になっているので、布きれを使って指でしごくようにこすりながら、真円に修正する。

 

冷却する

現図の角度に合わせながら素早く冷やす。ぬれたウエスを使って形を崩さないように冷却する。

 

p1010299

 

あぶりすぎでくにゃくにゃになり、変な角度がついてしまいました・・・。

 

 

銅管をはんだで接合する

銅管を使うメリットは施工性、省力化、コスパが良いということがあげられます。銅管はどのように接合するかというと、毛細管現象を利用してはんだ付けを行います。銅管の直系の1.3倍のはんだを使います。

 

寸法をとる

銅管を継手ソケットの止めまで差し込む。必要寸法をマークする。継手から銅管を抜く。

 

切断する

銅管用パイプカッターで寸法長さを管軸に対して直角に切断する。銅管内に入った切粉は取り除く。

 

面取りする

切断面にできたまくれ、バリを銅管用面取り器で除去する。

 

管を矯正する

管端が変形したら、真円になるようサイジングツールで矯正する。

p1010300

p1010301

 

接合部を清掃する

継手のソケット部分に入る長さよりやや長く、ナイロンたわしまたはサンドペーパーなどで磨く。

 

フラックスを塗る

銅管にフラックスを薄く塗る。継手内部は塗らない。つまり、差し込む方の管の外側に塗る。腐食・漏水の原因になる。

ちなみにこの右側に移っているオレンジ色の道具は「ストリッパー」といい、銅管の被ふくを剥くのに使います。

p1010302

管を差し込む

管端を継続ソケット部の止めまで十分に差し込む。フラックスがなじむように軽くまわす。

 

ガストーチで加熱する

ガストーチで接合部を広く均一に加熱する。

 

はんだを差し込む

フラックス湿布部に光沢が出たら(銅管から赤い炎が出たら)、炎を加熱部から外して、はんだの先端を接合部に差し込む。はんだが適量まわり接合部のまわりにすみ肉(フィレット)が見られるのを確認する。

 

冷却する

しばらく自然に冷やす。その後ぬれたウエスで冷やし、同時に管、継手に付いた余分なフラックスを拭き取る。

 

p1010310

 

課題は「各自の接合済の管をつなげて水漏れテストをすること」

班ごとにそれぞれが2か所を接合した管を持ち寄って、つなげて、一本のながーい管にします。こんな感じです。

 

p1010308

 

水漏れしたら「おーい誰がやったとこだよー」ということになります。塩ビ管のトラウマがあるので、はんだ多めに流し込んでおきました。ほんとはちょうどがいいんだろうけど・・。私の班は大丈夫でしたが、ほかの班は水漏れしちゃってました。ちょっと、ホッとしました。ミスするの私だけじゃないよね!

 

来週の予定

11月も終わり、来週からは12月に入ります。7月生といっしょにやるのもあと少し。とても寂しいです・・・。来週は1週間すべて給水配管の実習となります。配管ウィークですね。かなりキツそうですが、貴重な体験をしているのでしっかり取り組みたいと思います!

DIY 336

スポンサーリンク

DIY 336

スポンサーリンク

ブログ村&ブログランキング

★最後まで読んでくれてありがとう★

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

-給水配管・排水配管
-,

Copyright© 職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる! , 2018 AllRights Reserved.