築古物件を自力でリフォーム!不動産投資に活かすためかなテクで室内施工を学びました!

職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる!

柱と壁面にクロス貼り

壁装の実習9日目。柱と壁一面にクロスを貼ってみる。

更新日:

DIY 336 記事上

スポンサーリンク

今週の壁装最終日。今日は水曜日なので、早帰りデーです。

 

練習で使ったクロスを再利用する準備

昨日練習に使ったクロスはすべて乾かしてとってあるんだけど、朝改めて見たらなんかすごい景色なので思わず一枚。

 

クロスを乾燥させているところ

 

ここは実習場だけど、ブースじゃない方です。写真奥の左手に見えているのは、先生が最初にお手本を見せてくれる用のブース。最初はみんながここに集まってメモをとりながら先生の実演と説明をきくんです。

このクロスはもうすっかり乾いていますので、くるくるまるめてとっておきます。

 

柱と梁のある壁一面へのクロス貼り

今日も糊付け機の練習をかねてクロスをだし、今度は柱巻き込み~梁下の壁一面を貼ってみました。これは、何かすごかった。ちょっと「部屋」って感じ。一面だけだけど、あんなにボロかった小部屋が一変した。クロスを貼り替えるだけでこんなに雰囲気変わるんだ~って希望を感じた。物件調査でボロ物件を見るときの目線が変わりそう。ここはきれいにできるなって(しかも自分で作業できる!)判断できると投資にも積極的な姿勢になれるよね。さて、私がそんなにも感動した今日のブースはこちら。

 

hekiso9-2

 

どうですか?下のベニヤもボコボコなのに、意外ときれいに見えるよね!?

私はとっても満足!そしてこの壁面もクロスを剥がして再度練習。クロスの上部(梁のない部分)を粗切りし、まっすぐにした後、反復練習をする。下は寸足らずになっちゃうけど、梁下の練習なのでOK!

 

背の低い女性でも大丈夫!

ちなみに背が低い私はみんなより一段大きい脚立を使ってまーす。私ともうひとりの女の子の2人だけです。

女性だし、背が低いし(150cm)、室内施工コースで皆についていけるのか本当に不安だったけど何とかやれています。クロス貼りは、DIYの世界では裏面に糊付きのものも売られているし、ホームセンターで店員さんにやり方聞けばできる!っていう人もいるけど、私には無理だったと思う。まずフィルムを剥がした時点から、時間との戦いが始まるし、脚立の上だし、クロスは糊付きで長くて扱いにくくてあっちこっちに貼りつくし、パニック状態になっただろうなー。でも今は落ち着いてできる自信がでてきた。学校ってスゴイよね!

 

DIYのレベルを超えた技術を学んでいます

こうして職人になるためのちゃんとした貼り方を学んでいて思うのが、数年後に差が出てくるだろうなということ。正しい道具の使い方や、なぜそうするのか、そうしないとどうなるのかを事前に理解しているのは大きなアドバンテージだと思います。知らないで作業したら、その時はきれいにできたと思うかもしれない。でもホコリがくっついて汚くなってきたり、ジョイントから剥がれてきたり、「柄合わせがちゃんとできない」とかじゃなくて、そういう基本的な仕上がりの差が出てくるような気がする。賃貸物件だからそれでいい、なんてことはなくて、自分じゃない人に住んでもらうからこそ、そういう小さなストレスはないようにしてあげたいと思っています。

 

明日の予定

今週の壁装はこれで終わり。心地よい疲れがあるけど、あと2日電工やって今週はおしまい。来週もがんばろう!

DIY 336

スポンサーリンク

DIY 336

スポンサーリンク

ブログ村&ブログランキング

★最後まで読んでくれてありがとう★

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

-壁装(クロス貼り)

Copyright© 職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる! , 2018 AllRights Reserved.