築古物件を自力でリフォーム!不動産投資に活かすためかなテクで室内施工を学びました!

職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる!

給水配管3日目。鉄管を動力ねじ加工機により切断&ねじ加工する!

更新日:

DIY 336 記事上

スポンサーリンク

ついに鉄管が出てきました。オフィスビルなどの床下にはこういうのが走っているイメージです。機械を使って加工するのは初めてです。まずはこの動力ねじ加工機で、鉄管をカットします。

鉄管を動力ねじ加工機で切断する

準備する

締め付けホイールをゆるみ方向に手で回し、ハンマチャックを加工する管径より少し大きめに開く。スクロールチャックをゆるみ方向に手で回し、管径より大きく開く。使用しないダイヘッド、リーマを起こす。

管を取り付ける

スクロールチャック側より管を差し込む。(短管の場合はハンマチャック側より差し込む)切断標線を、ハンマチャックの端より120mm以上出す。(長尺の場合はスクロールチャックを締める)右手で管を支え、左手で締め付けホイールを締め、ハンマチャックが締め付けられたことを確認する。締め付けホイールが回らなくなったら60度戻して手前に2~3回たたくように回し、管を確実に締め付ける。長尺の場合は、パイプ受け台を使用する。

パイプカッタを合わせる

パイプカッタを手前に倒してハンドルを回し、管径より少し大きめに開く。送りハンドルで切断標線にカッタの歯を合わせ、ローラーと刃が管に軽く当たるところまで近づける。

切断する

スイッチを入れ、管を回転させる。パイプカッタのハンドルを両手で回し、管を切り込む。パイプカッタの食い込みは管1回転につきハンドル90度の割合で回転する。管を切り落ちたら、ハンドルを2~3回転戻し、上に起こす。スイッチを切り、回転が止まるまで待つ。

リーマを合わせる

リーマを手前に倒す。リーマ握りを押してリーマを突き出す。リーマ握りを手前に回してホルダに固定する。

面取りする

スイッチを入れ、管を回転させる。送りハンドルでリーマを管に押し付け、徐々に内面のまくれ(返り)を取る。送りハンドルを回し、リーマを右に寄せる。スイッチを切り、回転が止まるまで待つ。リーマシャフトを戻し、ホルダをを持ち上げ、元に戻す。

検査する

切断標線どおりに正しく切断されているか見る。管内面のまくれ(返り)が、完全に取り除かれているか見る。

注意点

・管の断面の変形はないか(断面がつぶれて楕円になっていないか)

・菅軸に対して直角に切断されているか。

 

動力ねじ加工機を使ってねじ加工をする

準備する

ねじ加工管径に会ったダイヘッドを準備する。管をハンマチャックの端より85mm以上だし、ねじ加工機に固定し、面取りする。

ダイヘッドを合わせる

ダイヘッドを手前に倒し、ねじ切りの位置にセットする。位置決めノッチを左側に倒し、案内についている管径表示プレートの管径に合わせ、位置決めピンをノッチ溝の中に入れる。

ねじを切る

スイッチを入れ、管を回転させる。加工油がダイヘッドから注油されているのを確認する。送りハンドルで往復台を動かし、管にチェーザを押し付け、食いつかせる。ねじが2~3山切れたら手を離す。ねじが規定の長になり、切り上げレバーによりチェーザが自動的に開くのを確認する。

管を取り外す

送りハンドルを回してダイヘッドを右に移動する。スイッチを切り、回転が止まるまで待つ。ダイヘッドを起こす。ハンマチャックとスクロールを緩め、管を取り外す。管内外の切粉や加工油を、ウエス及び脱脂洗浄剤などできれいに取り除く。(ベットベトになります)

 

マニュアルなので事細かに書いてありますが、やってみると簡単です!操作する順番を間違えたら先には進めませんし、カットやねじ切りは機械を使うととても楽でした。

 

恒例の水漏れテスト

今回は銅管のようにほかの人の制作物とつなげたりはせず、塩ビ管のときのように各自で作ったものをテストしました。今回はこのような形のものを作成しました。管とエルボをつなぐ順番を間違えるとつかないので頭を使います。

 

p1010312

 

今回は私は水漏れなし!で合格でした!

ところで、水漏れの仕方がいろいろあることに気づきました。塩ビ管は接着が弱いことが原因で接合部が外れ、派手にばしゃーっと漏れます。銅管ははんだ付けされていない細い隙間から漏れるので、細い水がぴゅーっと飛ぶ感じです。そして本日の鉄管は漏れるといってもしっかりねじ止めされていますから、そのねじ止めの隙間からポタ・・・ポタ・・・という感じです。

水は流しません(流せません)が、こんなのも練習として作りました。

 

p1010313

 

明日の予定

塩ビ管を使ってブース内に配管を通してみるそうです。トラウマの塩ビ管・・。今までのは練習問題、これから各ブースにうつり、応用課題になっていきます!

DIY 336

スポンサーリンク

DIY 336

スポンサーリンク

ブログ村&ブログランキング

★最後まで読んでくれてありがとう★

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

-給水配管・排水配管
-

Copyright© 職業訓練校かなテクで学びDIY大家さんになる! , 2018 AllRights Reserved.